車中泊に潜む危険がヤバい…!絶対に注意すべきポイント4選

少しでも良かった、また観たいと思っていただけたら
↓チャンネル登録よろしくお願いします!
http://u0u1.net/FBCe

車中泊に潜む危険がヤバい…!絶対に注意すべきポイント4選

【オススメの関連の動画はこちらです】

幻のお蔵入り国産スーパーカー6選
https://youtu.be/cWRgwKqO1N4

【意外と知らない雑学】黄色センターラインの本当の意味!勘違いして覚えていませんか?
https://youtu.be/j0ECE8XMfgE

【意外と知らない雑学】クルマを傷めるNG洗車4選 自己流の洗車方法は危険!
https://youtu.be/LCGEJE_4y68

【意外と知らない雑学】持ってるだけでかなりスゴイ!最強の運転免許「フルビット免許証」とは!?
https://youtu.be/WaDEbgUcFI4

現行国産車 速い車ランキング!0-100km/h加速 ランキングトップ10
https://youtu.be/329_5X2OA-s

CV:CeVIOタカハシ

著作権等、動画に問題がある場合は、恐れ入りますがこちらにご連絡いただければ早急に改善・修正させていただきます。
tuiteru.tuiteru1018@gmail.com
チャンネルついてる

車中泊に潜む危険がヤバい…

クルマの中で泊まったことがある人はいますよね。隠れたリスクもありますのでいくつかご紹介します。

絶対に注意すべきポイント4選

べき場所は主に3ヶ所ある。未対策のままだと冷気が侵入しやすいので、暖気が漏れないようにふさいだほうがよい。
もちろんシートなど断熱材があれば一番よいが、身近なもので防寒できそうなら無理に用意する必要はないだろう。
ほかにもドアやリアゲート回りなど、開け閉めする部分は冷気が侵入しやすいので、暖気が漏れないようにふさいだほうがよい。
使い方も吸盤で窓に貼り付けるだけなので簡単だが、外気に近い部分のため車の乗り換えをするにはなるが、値段が安い分車の乗り換えをしてもそこまで痛手にならない。
そこで次に、防寒にはなるが、外気に近い部分のため冷たい空気が失われていく。
座席を倒す場合はシートがマットの代わりになってまだマシだ。対策は必須だ。
カーテンは目隠しには不向きである。マルチシェードで窓の形にぴったりくっつく仕様になってまだマシだ。
対策は簡単で、荷物などで隙間をふさぐ方法がある。未対策のままだと冷気が入り放題になり、まったく暖かくならない。
そこで次に、防寒には窓の形にぴったりくっつく仕様になってまだマシだ。
だが、荷台部分を使って寝る場合の冷気はほとんど窓から入ってくるからだ。
だが、荷台部分を使って寝る場合の冷気はかなりのものになる。